美容室Dreamsのblog〜ドリカンおすすめ保管庫〜

美と健康と地球環境浄化がテーマの美容室Dreamsのblogです(^^)
書いているのはロハスなドリカンことDreams管理人やドリームズのスタッフです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 待ってました〜〜♪ =アラジン3部作= | main | 俺様はティガー(^^) >>

MOVIX三好で観て来ました♪ 〜ローマの休日〜

やっと行ってきました<ローマの休日
MOVIX三好で9月30日まで上映してますので、ご興味のある方は急いで下さいね♪

以前の記事でも書きましたが、ビデオ・DVDなどでは一度も観た事はなく初見でした。
スクリーンで観られたことは本当に良かったです。


観始めて暫らくは、オードリーの美しさにぽかーんと口を開けて観てました。(笑)
本当に綺麗ですし、可愛いですよね♪

お別れのシーンは切ないですが、最後の記者会見のシーンでのアン王女の表情と振る舞いが本当に印象的でした。


素敵なこの映画が製作されてから50年。
今ごろ初観って言うのもなんですが、それゆえ純粋で本当に素敵な時間が過ごせたことはかえって幸せだったと思います。(^^)



ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)

おすすめのDVD・映画(その他) | comments(3) | trackbacks(6)

この記事に対するコメント

「金曜ロードショー」で久しぶりに観ました。
この作品が、不朽の名作であることは言うまでもありませんが、今見ても笑える、上質の「ラブ・コメ」でもあるのですよね。
ジョーがアン王女の正体に気づくまでの、無礼な振る舞いとか、カメラマンとのやり取りとか、パーティー会場での大騒動とか・・・・。
下宿の前で、アーニャにお金を貸すシーンでは、毎回「こういう表現ってどうなの?」と思ってしまいます。(笑)

でも、現実ではこの物語の様な美談はありえないな、とも思います。
今や、自分の胸のうちにだけ秘めておく、ということができない関係者が、すぐ「手記」だの「暴露本」にしてしまいますから。

だからこそ、頼関係を確認するラストに感動するのかもしれません。
べくない | 2004/10/30 1:01 AM
脱字訂正です。
最後の1行は「〜信頼関係を確認する〜」
です。
申し訳ありません。m(_)m
べくない | 2004/10/30 1:06 AM
そうですね〜ラブコメって自分もそう思いますね。
ラストシーンは信頼関係を確認する・・・そうですね!
自分もめっちゃ感動しました♪
Dreams管理人 | 2004/10/30 12:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dorikan.jugem.cc/trackback/241
この記事に対するトラックバック
今日は高岡TOHOプレックス、単館扱いのミニ・シネマートで「ローマの休日 デジタル・ニューマスター 原題:Roman Holiday」を観て来ました。 8月下旬の時点で、9月に上映されるのは知っていたんですが、9月11日から24日までの2週間のみだったので「ヤバ
「ローマの休日」デジタル・ニューマスター版 劇場にて | xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2004/09/27 6:58 PM
●れんたの満足度・・・★★★★★★★★☆☆8.5点
ローマの休日 | I Love Movie!【ホームシアター映画日記】 | 2005/12/24 11:02 PM
『ローマの休日』デジタル・ニューマスター版 公式サイト:http://www.roman-holiday.jp/ 原題:ROMAN HOLIDAY製作:1953年アメリカ監督:ウィリアム・ワイラー出演:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート 《公開時コピー》最高に美
『ローマの休日 ROMAN HOLIDAY』 デジタル・ニューマスター版 | honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2005/12/25 2:18 PM
製作年度・製作国・上映時間 1953年・アメリカ・118分 監督 ウィリアム・ワイラー 出演 オードリー・ヘプバーン 、グレゴリー・ペック 、エディ・アルバート 、テュリオ・カルミナティ
ローマの休日 | 映画かよ! | 2005/12/26 6:36 PM
 いわゆる「常識」となっていることも、きちんと調べると違うことがままある。写真は名作「ローマの休日」だが、王女ヘップバーンと淡い恋に落ちるグレゴリー・ペックは「新聞記者」とされている。これ、大きな間違いではないにしても、厳密に言えば間違いだ。最後に記
職業としての記者〜取材は恋に似ている | 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2006/05/19 1:25 PM
アン王女(オードリー・ヘプバーン)、最高かわいい! 「妖精」とか「小悪魔」とかいう賞賛が、ビッタリ! あの細いウエストといい長い首といい小さい顔といい、 憧れるわぁ。。。 グレゴリー・ペック扮する新聞記者ジョーも、素敵。 上品で、これぞ紳士! 最高
永遠の憧れ 『ローマの休日』 | *モナミ* | 2006/05/19 7:18 PM