美容室Dreamsのblog〜ドリカンおすすめ保管庫〜

美と健康と地球環境浄化がテーマの美容室Dreamsのblogです(^^)
書いているのはロハスなドリカンことDreams管理人やドリームズのスタッフです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『夢と狂気の王国』〜スタジオジブリ ドキュメンタリー〜



公式サイト
http://yumetokyoki.com/

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=VikVW3NCQyU

映画『夢と狂気の王国』ダイジェスト映像(7min)
http://www.youtube.com/watch?v=kYYdevvn1vc

数々の名作を生み出してきたスタジオジブリのドキュメンタリー映画です。
メイキングなどの制作風景を見るのが好きな自分なので、とても楽しみにしていました。

ジブリ創設時の映像から、風立ちぬの制作風景、そして宮崎駿監督の引退会見の裏側まで・・・

「風立ちぬ」の公開に合わせて、ドキュメンタリーがいくつもTV放映されました。
どれも食い入るように観ましたので、この映画も引き込まれるようにあっという間に観終えた感じがします。


なんか上手に説明できないんです、映画の感想が・・・
なので感じたキーワードを羅列します。

喧々諤々なんて次元ではない、生のやりとり
運命の出会い
紡いでいく運命と決意
宮崎駿の葛藤
宮崎・高畑・鈴木Pは勿論、それ以外のジブリの人の凄さ


本当に命を削って作品を創っているんだなって思いました。
凄く熱意を持って、人と人が関わっている・・・すごいというか凄まじいなと思いました。


「なんでそこまでやるの?」

そう思いました。

自分のため?
生活のため?
家族のため?
会社のため?
社員のため?
子どもたちのため?

どれも当たっているんだけど、すんなり当たっているって言えない違和感

観終えたときの感覚はとても不思議なものでした

感動したとか、共感したとか、泣けたとか・・・どれも違うんです、感覚が。

しいて言えば「凄い」

もっと乱暴に言えば「理解できない」とも感じました

「これはTVでは放映できないな」とも・・・


ドキュメンタリーって、どこか制作者が解釈を説明したりするんですが、この映画にはそれがないんです。

ただただ、ジブリの風景を描写しつづけている・・・

自分で感じて解釈するしか方法が無い映画なんです。

それは砂田監督が初めから意図したものなのか、それともジブリと関わることによって説明・解釈することを放棄したのか・・・

もしかしたら、後者ではないのかなと・・・

そうだとしたら、この砂田監督がそれを選択した勇気が「凄い」なと思いました。



残念ながら、観客は少なかったですね。

観る前は「夢と狂気の王国」って言うタイトルが分かり難くて、認知されていないのかな?
宣伝インパクトとしてはどうなのかな?
なんて軽口をたたいていました。


けど観終わって、「狂気」の意味を痛感しまた。


もしかしたら、あまり長く上映されない映画なのかも知れません。
(大変失礼な言い方ですみません)

でも、ジブリ作品がお好きな方・そうでない方も、ぜひ観て欲しい秀逸なドキュメンタリーです。

特にクリエイティブな仕事をされているかたにはオススメです。

でもどんな仕事でも、創造し、何かしら生み出していかなければいけないものだと思います。

なので、全ての人に観て欲しいなと思います。


TVでは放映されないですよ・・・きっと。

おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

ジブリ映画「風立ちぬ」観てきました。



風立ちぬ公式HP


子供たちと樋口とで、「風立ちぬ」を観てきました。

ネタばれにならない程度に感想を書きたいと思います。


何度も涙を拭いました。
とても心に沁みる映画でした。


時代や環境がどんなものであれ、力を入れて生き抜くことの大切さ

出逢いは運命的でありながらも、人の意思によってもたらされるということ

人を愛し、契りを結ぶことがいかに大きく素晴らしいことなのか

周りの人によって支えられ、素晴らしい人生を歩ませて貰っていることへの感謝


そんなことを感じました。



子供たちには、あまり分からなかったようです。

周りの大人が泣いているのを不思議そうに思っていた様子です。


それでもきっと、心に何か残っていて、大人になってからまた観かえしたとき

大人たちが、何故涙を流していたのかが分かるんだろうな・・・と思います。



エンディングロールで流れる、ユーミンの「ひこうき雲」がとても素敵で、そこでも涙が流れました。


人それぞれ、感想が違う映画だろうなとは思いますが、良かったらご覧になってみてください。
おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

言の葉の庭

先日、久しぶりに映画を観てきました。

言の葉の庭
http://www.kotonohanoniwa.jp/


とても綺麗な映像が素敵な映画でした。

切ないラブストーリーなんて、いつ以来の鑑賞かなぁ〜〜


人の噂や、他人の評価や
世の中の価値観とかでなく

大切なもの
自分らしさ

真っ直ぐに人と向き合い

心を通わせる



そんな純粋な心を思い出させてくれる、素敵な作品でした。

上映館はあまり多くありませんが、もし観られる機会があれば是非ご覧になってみて下さい。



おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望


公式サイト
http://www.odoru.com/index.html


皆さんご覧になりました?
めっちゃ面白いので是非劇場に足をお運び下さい(^^)

自分も何回も観ましたが、昨日お店のスタッフが観に行ってくれました。

めぐやあっちゃんも「もう一回観に行きます!」って言ってくれています、踊るマニアとしては嬉しいかぎりですね♪(^^)

今まで踊るを観たことがある方はオススメなので是非観て下さいね♪(^^)


このblogを観てくださってる方には、映画本編の面白さに加えて、もうひとつ見所があります。


それは・・・・

私ドリカンもエキストラでスクリーンに映ってます(^ ^;Δ フキフキ


映っているシーンが知りたい方はお問合せ下さい(^^)

是非ドリカンもスクリーンで確保して下さいね♪(^^)
おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 いよいよ明日9/7公開!!

いよいよ明日9/7『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』が公開です!

オフィシャルサイト
http://www.odoru.com



既に完成披露で見た仲間の話を聞くと「めっちゃ面白い!!」そうです(^^)

自分も楽しみにしています。


是非ご覧になって下さいね〜〜〜〜♪


私は初日のレイトショーで初見です。
MOVIX三好で鑑賞予定ですが、土曜日のレイトショーでは残席が少なくなっている回もあるようです。

お早めに予約して下さいね(^^)

おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

踊る大捜査線 THE LAST TV 2012.9.1 ON AIR !!

久しぶりに踊るネタを。。。

大好きな踊る大捜査線が、2012.9.7公開の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』でいよいよラストを迎えます。

それに先駆けて、明日2012.9.1 21:00〜完全新作のテレビSPが放映されます!

踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件



元々テレビドラマから生まれた踊る大捜査線、テレビSPは久しぶりなのでとても楽しみです。

皆さんも是非見てくださいね♪(^^)

おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

『おおかみこどもと雨と雪』

子どもが夏休みなので、みんなが観たがっていた『おおかみこどもと雨と雪』を観てきました(^^)


公式サイト
http://www.ookamikodomo.jp/index.html


いやぁ〜〜〜号泣でした(T_T) ウルウル
ほんと父ちゃん泣きすぎ(^ ^;Δ フキフキ

アニメなので子ども向きかと思いましたが、大人やこれから自立していく子どもくらいの年齢の方が心を打たれる気がします。


いくつか感じたキーワードを・・・・

子育て
自立
守る
共存
本当の幸せ


お母さん:花のように、子どもを信じ自立を祝福できる親になりたいなと思いました。

本当に素敵な映画でした、おすすめです(^^)
おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

「幸せってなんなんでしょうな」〜ALWAYS三丁目の夕日’64



公式HP
http://www.always3.jp/


とても暖かい映画です。

何度も何度も涙が頬をつたい、3Dメガネを外さなければなりませんでした。


時は1964年、東京オリンピックの年。
私が生まれた年でもあります。

高度成長期真っ只中で、益々競争社会になっていく時代、昭和の良き時代ですね。


ある意味、ここから家族をないがしろにして経済活動をしてきたのかもしれません。

そして現在、成長を続けなければいけないという妄想に駆られて生きてきた人たちは疲れ、苦しみ、物質社会から心の時代に戻りたい・・・そう願うようになってきたんではないでしょうか。


三浦友和さんが演じる宅間先生がこんなことをしみじみとおっしゃってました。


「幸せってなんなんでしょうな」


高価なものを買い、贅沢な暮らしをする・・・それが幸せなのでしょうか?


是非ご覧になって、「幸せってなんだろう」って考えてみて下さい。



この映画の象徴的なシーンに「夕日」があります。

CGなのかな?って思うくらいきれいな夕日なのですが、実際に撮影した現代の夕日だそうです。


夕日は今も昔も変わらず、私たちを癒してくれている・・・


それを忘れないように、感謝しながら生きていきたいと思います。
おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

子どもから学ぶ大切なこと 〜friends -フレンズ- もののけ島のナキ 〜

昨日は今年最後のお休みだったので、子供たちと映画を観に行ってきました。

friends -フレンズ- もののけ島のナキ

www.friends-movie.jp

「Always三丁目の夕日」でおなじみの山崎貴監督の作品です。


子供のころ読んだ「泣いた赤鬼」が原作です。



とっても素敵な映画でしたよ!

笑いあり、涙あり

大人の自分も号泣でした(^ ^;Δ フキフキ


コタケの様に、真っ直ぐな心と目で物事をみていきたいなと思いました。


ぜひご覧になってみて下さいね♪(^^)

おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)

ステキな金縛り



今日は久しぶりのオフだったので映画を観てきました♪(^^)

ステキな金縛り

三谷幸喜脚本・監督作品で、殺人事件公判の証言者が落ち武者と言うありえない設定で繰り広げられるバラエティーで、笑いっぱなしでした(^^)

でも、最後はちょっとほろり・・・と(T_T) ウルウル

見える者と見えない者のやりとりと豪華出演陣の演技に堪能しました。


ご先祖様はじめ、自分を守ってくれている存在が沢山居ることに感謝です(^^)
おすすめのDVD・映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0)